スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾配天井・吹抜で気を付けること

タイトル通り勾配天井や吹抜で気を付けること。

電気的に見て、
あまり高いところに照明器具を付けない方が良いです。
勾配天井といっても、高さは低いものからすごく高いものまであると思います。その高いところに照明器具が付いていると、球交換や器具の不良などがあった時に、大変です。
新築の時は、部屋に何もないので脚立などを使って、取り付け等は出来たんでしょうが、実際に生活をし始めるとソファーや家具・デスクなどが置かれて、とても大変なことになってしまいます。尚かつ、照明器具がダウンライトなど白熱球(蛍光灯ではないもの)だと球切れも早いので交換時期が短くなります。

理由は同じで吹抜なども、球交換は大変です。電動昇降機というものがあって、手元のスイッチで照明器具が降りてくる便利なものがあります。こういったものを併用することをおすすめします。

吹抜があるリビングなどには、熱効率を考えてシーリングファンなどがあるとエアコンなどの効率が良くなります。

見た目にはとても良い勾配天井・吹抜ですが、いつもと違う目線で考えないと、後で大変なことになってしまうかも・・・よぉーく考えて、プランを決めてみて下さい。

スポンサーサイト

theme : お仕事
genre : 就職・お仕事

tag : 勾配 吹抜 ダウンライト

訪問者のにんずぅ
プロフィール

kksinwa

Author:kksinwa
 * 株式会社 信和 *

神奈川県平塚市のオール電化設備・電気空調設備の工事店です。

湘南・西湘エリアで、仕事をしています。

オール電化リフォーム工事や
新築住宅の電気配線工事、
店舗・工場などの改修工事を行っています。

電気等のことでお悩みやご相談がありましたら、お気軽にご相談下さい。

親切・丁寧に対応させて頂きます。

カテゴリー
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。