FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

据置型IHヒーターの工事

先日工事させて頂いた据置型のIHヒーター導入の
様子をご紹介します。

場所は、当社にほど近い平塚市です。

通常の置き型ガスコンロをガス台の上に置いて
ご使用されていました。

P1000987.jpg

お年寄りのおばあちゃんが一人で、お住まいになっているため
息子さんが火事やガスのトラブルに不安を持っていました。

そこで、IHクッキングヒーターの出番です。

据置型のIHヒーターの場合、ほとんど一般家電と変わりません。
唯一問題なのが、電源工事です。

IHヒーターは電源が200Vなので、一般用のコンセントには
差す事さえ出来ないので、ご使用になれません。

200V用の電源の配線工事が必要となってきます。

最近のお宅では、ほとんどが3線式で配線されているため、
大がかりな工事なしで、設置する事が可能です。

少し前のお宅ですと、2線式の場合もありますがこの時は、
建物に引き込まれている電線(幹線)のやり替えが発生します。
この工事は、ちょっと大変です。

下の写真が分電盤です。

P1000990.jpg

P1010141.jpg

一番左の40Aのブレーカのところに「赤・白・黒」の3本線がありますが、
これが3線式という意味です。

建物の外部の引き込みのところでも確認が出来ます。

当社のホームページに、IHクッキングヒーター設置工事に関する
説明をしているページがありますので、そちらも併せてご覧下さい。

http://www.kksinwa.co.jp/ihkouji.html

下の写真は、分電盤を改修している様子です。

P1010272.jpg

一番左のブレーカーが60Aに変わっています。
IHヒーターは大容量なので、契約容量は上げないと頻繁に
ブレーカーが落ちてしまう事になります。

続いて、IHヒーターの電源の配線です。
こちらのお宅は、天井裏で配線する事が出来ました。
綺麗に隠ぺい配線とすることが出来ました。

どうしても、既存の住宅の場合は、配線ルートに制約が
出てしましますので隠ぺい配線とならずに、一部露出するケースがあります。

電気工事で培ったノウハウを発揮して、出来る限り見た目に美しい
施工を心掛けたいと思っています。

P1010258.jpg

P1010255.jpg

コンセントの右側に見えるのは、元々のガスの配管部分です。
ガス屋さんにメクラをして頂いて、コーキングをしてあります。

いよいよ、IHヒーターの据付です。
今回は、ビルトインではないので、置くだけですが・・・

P1010262.jpg

P1010263.jpg

綺麗に収まりました。

IHヒーターの後ろに付いているものは、バックガードです。
別売品です。

P1010269.jpg

水はね防止などのために、取り付けます。(メーカーさんも推奨)
電源のコードなども見えなくなりますので、良いですよ。

今回使用したIHヒーターは、三菱製です。
CS-G2202C 定価 \144,900円

こちらの商品は、火力調整がダイヤルを回すタイプなので、
ガスコンロに似た感覚かもしれません。
電源OFFもダイヤルをポンと押すだけです。

お年寄りには良いかもしれませんね。




スポンサーサイト

theme : リフォーム
genre : ライフ

訪問者のにんずぅ
プロフィール

kksinwa

Author:kksinwa
 * 株式会社 信和 *

神奈川県平塚市のオール電化設備・電気空調設備の工事店です。

湘南・西湘エリアで、仕事をしています。

オール電化リフォーム工事や
新築住宅の電気配線工事、
店舗・工場などの改修工事を行っています。

電気等のことでお悩みやご相談がありましたら、お気軽にご相談下さい。

親切・丁寧に対応させて頂きます。

カテゴリー
リンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。